ヒートシールの強度について

query_builder 2022/03/15
コラム
23

フィルムに熱を加えることで接着するヒートシールですが、どのくらいの強度があるのか気になりますよね。
実は、ヒートシールの強度は素材の種類や厚さによって異なるのです。
そこで今回は、ヒートシールの強度について見ていきましょう。

▼ヒートシールの強度とは?
ヒートシールの強度とは、一体何のことを表しているのでしょうか。
そもそもヒートシールは、フィルムに熱を加えることで接着する方法です。
これは主に商品の袋を密閉する際に用いられており、ヒートシールが使われている商品は多岐にわたります。
小物から数十キロあるような重い商品まで保護する役割があり、重いものは当然強度が高くなければなりません。
つまり、強度が高いヒートシールほど剥がれにくく頑丈ということです。

■強度が高い素材は?
ヒートシールにはさまざまな素材が用いられますが、中でもポリエチレンは強度が高いとされています。
低い温度でもしっかり接着できるので、あらゆる商品のヒートシールに使用されています。

▼シール温度と時間で強度を調整することができる
ヒートシールの強度は素材によって異なりますが、それだけではありません。
ヒートシールの温度と時間によっても強度を調整することができます。
たとえば、シール温度が低い方と高い方では、高い方が強度が高くなります。
そして、シール時間が短い方と長い方では、長い方が強度が高くなります。
つまり、強度が低い素材を使う場合には、シール温度と時間によって強度を上げているのです。

▼まとめ
ヒートシールの強度は、接着面の頑丈さを表します。
中でもポリエチレンは強度が高い素材として知られていますが、強度が低い素材でもシール温度と時間によって強度を上げることができます。

NEW

  • -60度の急速冷凍システムを販売開始しました!

    query_builder 2021/12/23
  • 緩衝材の選び方について解説

    query_builder 2022/11/15
  • 緩衝材の種類について解説

    query_builder 2022/11/01
  • 緩衝材はクッションの役割がある。詳しくご紹介

    query_builder 2022/10/15
  • おしゃれな緩衝材はある?詳しくご紹介

    query_builder 2022/10/01

CATEGORY

ARCHIVE