ヒートシールを行う際に必要なシーラーの種類について

query_builder 2022/04/01
コラム
25

ヒートシールとは、フィルムに熱を加えることで接着する方法です。
食品の袋や詰め替え用シャンプーなどさまざまなものに使用されていますが、最近では家庭用のシーラーも登場しており、誰でも手軽に手に入れることができます。
そこで今回は、ヒートシールを行う際に使うシーラーの種類をご紹介していきます。

▼ヒートシーラーの種類
■卓上タイプ
卓上タイプは、家庭用のヒートシーラーの中でも使い勝手が良いと人気の種類です。
瞬間通電式が採用されているので、シーラーに袋を挟んでレバーを下げるだけで簡単に接着することができます。

■クリップタイプ
卓上タイプよりもコンパクトになったのが、クリップタイプです。
小さな袋を接着したい場合に便利なシーラーで、クリップのように袋を挟むだけで接着することができます。
最近ではコードレスのものもあるので、場所を気にせずヒートシールを行いたい方におすすめです。

■ペン型タイプ
ペン型タイプは、ペンのような形状をしていて先端にローラーが付いています。
このローラー部分で接着したいところをなぞるだけで接着することができます。
曲線にも対応できるので、立体物をシールしたい場合にも便利でしょう。

■超音波式
ヒートシールというと熱を利用するのが一般的ですが、超音波を利用して接着するタイプもあります。
直接熱を感じることがないので火傷をする心配もなく、安心して使うことができます。

▼まとめ
家庭用のヒートシーラーには、次のような種類があります。

・卓上タイプ
・クリップタイプ
・ペン型タイプ
・超音波式

それぞれシールに適したものや使い方などが異なるので、自分に合ったものを見つけてみてくださいね。

NEW

  • -60度の急速冷凍システムを販売開始しました!

    query_builder 2021/12/23
  • 緩衝材の選び方について解説

    query_builder 2022/11/15
  • 緩衝材の種類について解説

    query_builder 2022/11/01
  • 緩衝材はクッションの役割がある。詳しくご紹介

    query_builder 2022/10/15
  • おしゃれな緩衝材はある?詳しくご紹介

    query_builder 2022/10/01

CATEGORY

ARCHIVE