包装材料の種類についてご紹介

query_builder 2022/05/15
コラム
31

商品や食品などの包装材料はさまざまです。
では、具体的にどんな包装材料があるのでしょうか。
今回は、包装材料の種類についてご紹介します。

▼包装材料の種類
■紙
紙の包装は、液体紙パック・紙トレーなどがあります。
紙は印刷とリサイクルがしやすいです。
一方で、耐水性や耐油性はありません。

■プラスチック
プラスチックは、ポリエチレン・ポリプロピレン・ポリスチレン・ポリエチレンテレフタラートなどがあります。
他にもバリア性や耐熱性があるプラスチックもあり、用途に合わせて選びます。
用途に合わないタイプを選んでしまうと、トラブルを起こしてしまうのでしっかり確認して選ぶ必要があります。

■金属
鉄とアルミが使われ、必要に応じて樹脂コーティングをします。
金属は強度があるため、光・水・酸素を確実に遮断することが可能です。
保存や密閉性に優れているので、長期保存に向いています。
飲料缶・食感・ドラム缶・アルミ缶などがあります。

■ガラス
光以外の遮断性を持ち、広口瓶・細口瓶・フロスト加工瓶・ドリンク瓶などの形状があります。

▼まとめ
包装材料の種類は、紙・プラスチック・金属・ガラスなどがあります。
種類によって、メリットとデメリットがあるので、特性を考慮しながら選びましょう。
包装材料はどんどん進化しているので、常に最新の情報をチェックする必要があるといえます。
また、埼玉県にある「有限会社パビコ」では受託梱包サービスを承っています。
さまざまな包装に柔軟に対応しているので、お困りのことがあればお気軽にご相談くださいね。

NEW

  • -60度の急速冷凍システムを販売開始しました!

    query_builder 2021/12/23
  • 緩衝材の選び方について解説

    query_builder 2022/11/15
  • 緩衝材の種類について解説

    query_builder 2022/11/01
  • 緩衝材はクッションの役割がある。詳しくご紹介

    query_builder 2022/10/15
  • おしゃれな緩衝材はある?詳しくご紹介

    query_builder 2022/10/01

CATEGORY

ARCHIVE