ラベルのデザインのコツをご紹介

query_builder 2022/06/15
コラム
34

商品などに貼るラベルは、目を引くデザインにしたいですよね。
素敵なデザインにすれば、手に取ってくれる機会が増えるといえます。
では、ラベルはどのようにデザインすればいいのでしょうか。
今回は、ラベルのデザインのコツをご紹介します。

▼ラベルのデザインのコツ
■わかりやすいデザインにする
デザインの手法はさまざまですが、こだわりすぎるあまり、わかりづらいデザインになってしまっては本末転倒です。
どんな商品かを理解するまでの時間は、わずか数秒といわれています。
数秒の間に、どれだけ情報を与えられるかが鍵になるので、できるだけわかりやすいデザインを心がけましょう。

■忠実さを大切にする
商品をよりよく見せるためにデザインすることもあるでしょう。
しかし、度が過ぎると商品とのギャップが生じてしまいます。
人によってはラベルが偽りだと感じてしまい、ブランドイメージを低下させる場合もあります。
キャッチコピーやビジュアルは誇張表現せず、忠実に表現するようにしましょ。

■イメージカラーを入れる
商品の印象を高めるためにイメージカラーを入れましょう。
イメージカラーの選び方は、企業ロゴから選んだり、色の印象を参考にするようにしてください。

▼まとめ
ラベルのデザインのコツは、わかりやすいデザインにする・忠実さを大切にする・イメージカラーを入れるなどがあります。
ラベルは、商品のイメージを左右するうえで重要な役割を担います。
ラベルのデザインをする際は、ぜひ参考にしてくださいね。

NEW

  • -60度の急速冷凍システムを販売開始しました!

    query_builder 2021/12/23
  • 緩衝材の選び方について解説

    query_builder 2022/11/15
  • 緩衝材の種類について解説

    query_builder 2022/11/01
  • 緩衝材はクッションの役割がある。詳しくご紹介

    query_builder 2022/10/15
  • おしゃれな緩衝材はある?詳しくご紹介

    query_builder 2022/10/01

CATEGORY

ARCHIVE