環境配慮した梱包をするためにはどうすればいい?

query_builder 2022/09/01
コラム
39

梱包などに使われる緩衝材や包装紙は、プラスチックで作られたものが多いです。
緩衝材や包装紙は捨てられるケースがほとんどなので、プラスチック製のものだと環境に良くないといえます。
そこで今回は、環境配慮した梱包をするためにはどうすればいいかを解説します。

▼環境配慮した梱包をするためにはどうすればいい?
■なるべく再利用する
贈り物などで届いた緩衝材や包装紙は、そのまま捨てるのではなく取っておいて再利用しましょう。
すぐに使う機会はなくても、取っておけば再び活用することができます。
プラスチックの破棄を防げるので、環境に配慮できるでしょう。

■紙タイプを選ぶ
紙は、プラスチックに比べるとリサイクル率が高いので、可能な限り緩衝材や包装は紙タイプを選びましょう。
例えば、気泡緩衝材やエアクッションではなく、紙やダンボールにするなど、ものによって問題なければ紙タイプにするのが理想です。

■リサイクル材料のタイプを選ぶ
パッケージを見ると、リサイクル材料を使用したタイプもあります。
リサイクル材料で使われた緩衝材は、廃棄物を再利用できるので環境に配慮されています。
リサイクルできる目印は、PET(ポリエチレン・テレフタレート)・HDPE(高密度ポリエチレン)・LDPE(低密度ポリエチレン)・PE(ポリエチレン)などがあります。

▼まとめ
環境に配慮した梱包をするためには、なるべく再利用する・紙タイプを選ぶ・リサイクル材料のタイプを選ぶなどがあります。
地球環境を守るためにも、ぜひご紹介した内容を参考にしてくださいね。

NEW

  • -60度の急速冷凍システムを販売開始しました!

    query_builder 2021/12/23
  • 簡易包装はどうやればいい?やり方をご紹介

    query_builder 2022/09/15
  • 環境配慮した梱包をするためにはどうすればいい?

    query_builder 2022/09/01
  • 割れ物を梱包する際のポイントについてご紹介

    query_builder 2022/08/15
  • 家電の梱包の仕方についてご紹介

    query_builder 2022/08/01

CATEGORY

ARCHIVE